チェンバロ教室の先生、ちょこっとコーチング

チェンバロ教室の先生、ちょこっとコーチング レポート

〜新HP完成記念 チェンバロ教室の先生、ちょこっとコーチング 8月のちょこっとお試しコーチングキャンペーン 募集枠を広げて展開中〜 詳しくはコチラから

         チェンバロ教室の先生、ちょこっとコーチング

ちょこっとコーチングの体験は、まだまだ続きます。

その日は、「演奏活動や指導を通じてをもっとチェンバロを広めたい!お世話になった先生に御恩返ししたい」というテーマでコーチングをしました。

私の朝は、チェンバロの演奏と美味しい珈琲で、一気に格調高くなります。

最近、ピアノの先生へのコーチングをしていても、コンペの前にチェンバロの先生のところへ生徒さんを連れて行くなど、意識の高い先生が増えてきました。

また、指導者検定を目指しているピアノの先生のクライアントさん。

バロックの曲はチェンバロを弾きに行ってクオリティをあげる先生もいらっしゃいます。

趣味でチェンバロを学ばれている方も!

チェンバロを習うって、お洒落でかっこいいなあ〜と感じている私です。

特に歌やフルートやリコーダー、古楽器とのアンサンブル・・・帰国先の北鎌倉の山の家のイメージにぴったりなので、個人的にも興味があります。

では、HPを拝見。  生徒さん視点と私の視点でフィ-ドバックしました。

・チェンバロのレンタル料っていくらぐらいなの?

・横浜青葉台の駅からどの位かかるの?

・ワンレッスンの長さは?

・師事されていたレオンハルト先生のこと、もっと知りたい

美人の先生なんだから、演奏している写真や留学先の大尊敬する先生との写真も、ど〜んと載せてください。

控えめさが勝ってしまい、アピールが弱くてもったいない。

色も字体も変えて、全体的にもっと見やすくして、ね。

とお願いしました。

そして、具体的な一歩が踏み出せなかった連続リサイタルのことも、頭を整理し、逆算して、今できることが決まりました♪

よしッ!

ロンドンで、電話を握りしめ、ガッツポーズです。

嬉しいことに、古賀裕子先生、さっそく行動を起こしているようです。

では、では、本日もご報告メールをご紹介します。

〜〜〜

青木理恵コーチ様

先日はコーチングをありがとうございました。
はじめは緊張気味だったのですが、理恵コーチの穏やかな声に、だんだんリラックス。
今日、手に入れたいゴールは?と聞かれた時、40分でのゴールを考えていなかった私は、
自分でも話しながら曖昧な返事だな、と思っていました。(遠いゴールはあるのですが。)

にも関わらず、理恵コーチのセッションは具体的で、即座に行動に移せるアイディアや気がついていなかったホームページの指摘など、電話が終わった時には、優先順位もすっきり整理出来て、
笑顔になっていました!とても感謝しています。

早速ホームページに追加をしていたら、嬉しい情報も手に入りました。
留学していた出身校のホームページをリンクページに加えようと
見ていたら、ちょうど音楽院でearly music summer schoolを開催中。
世界中から参加が可能だったのにこんな催しが開かれていることすら、
知らなかったので、即座にブログに載せました。

今朝はドイツから、以前デュオを組んでいたドイツ人のリコーダー奏者から
「your website を見つけたよ」とメールが入りました。
ホームページは思っている以上に世界中から見る事の出来る、大事な情報源
なのですね。

バッハのコンサートの事は2012年という具体的な時期を決めただけで、
もう身体がそちらに動き始め、バッハを弾き始めたら、何時間も夢中で
弾いていました!「ゴールの設定」は大事な事ですね。

また暫く行動して、理恵コーチにコーチングを是非お願いしたいと
思っています。その時はどうぞよろしくお願い致します。

古賀裕子

P.S. 今日、レッスンを見学に来た方があり、生徒がひとり増えるかもしれません。
  音大のピアノ科を出て音楽の先生をされている、感じの良い方でした。

〜〜〜

良かったね!

おめでとう。 

チェンバロ界の巨匠、レオンハルト先生直々の教えを受け、その音楽感、奏法をしっかりと学んだ日本人留学生はわずか6名だそうです。

そして、横浜青葉台に行けば、古賀裕子先生に教えていただけます。

40分じっくりお話しして、誠実で丁寧なレッスンをしてくださる先生だと確信しました。

バロックの世界を深く学びたい方は、ぜひ、古賀裕子先生のお教室の扉をたたいてみてください。