新しいチャンネル

新しいチャンネル ブログ

 

いやはや、濃い一日でした。

お茶会を終えていったん帰宅し、

「気が高ぶって眠れないよ〜」と言いつつも、お昼寝をした夫。

そんな時も、ウィ―ンで購入したチロリアン風のジャケットに着替えている夫を見て、

私も慌てて着替え、カーネギーに向かいました。

今回は、ベルリンフィルに続いてウィ―ンフィルの演奏会なのです。

丁寧に作られたモーツアルトは、ゆったりとしたテンポ。

低音の響きに乗せられたのシンフォニ-40番に、身も心もとろけました。

そのあとは、マーラーのリング。

70分の壮大な大曲をどこまでも安全運転で指揮し続けるマゼ-ルは、御年82歳。

確か前回の駐在の時、10年ぐらい前はニューヨーク・フィルの指揮者でした。

今回、地元NYでウィ―ン・フィルを振るなんて、ホント、素晴らしいです。

私も生涯現役でお仕事しよう!

ワルキューレのトランペットの高らかな響きとともに、鼻息荒く誓う私でした。

こちらのマゼ-ル指揮のリングは、

ちょっと紛らわしいけれど、ベルリンフィルの演奏です。