私の駐妻時代大変でした③

私の駐妻時代大変でした③  ニュース

一見華やかな海外駐妻生活。

でも、現地での言葉の習得は大きなハードル・・・

特にお子様をお持ちのママにとって、
毎日の学校での宿題をこなしながら、
帰国してからのことも考えるとなると頭が痛いですよね・・

今は27歳になった娘ハルカですが、
彼女が小さかった時は、

我が家も、それはそれは大変でした。

今だからこそ、色々と見えてくることもあるし、

また、皆さんの経験や知恵を貸していただけたら、

良いアイデアが湧くかもしれませんよね!

そこで・・

2017年10月25日(水)日本時間の22時〜23時に、

 言葉の体験やお悩みをシェアしあう

【海外在住妻の皆さんZOOMで集合????】を開催します。

費用は無料!

元駐妻も、未来駐妻も、もちろんウエルカムです。
また、日本語でのおしゃべり会になりますが、
日本に住んでいる外国人妻のみなさんも、ぜひ!

ズームのリンクを送りますので、

callaoki@gmail.comからお申し込みください。

時差は各自でご確認くださいませ。

ビデオはNGという方ももちろん、オッケー!

どうぞ、気楽に申し込んでください。

ズームの入り方は、こちらの下の方の説明を見てくださいね。

 

さてさて、
私の黒歴史。

 

私の駐妻時代大変でした③

まさかこの後ずっと、海外で教育を受けることになるとは思っていませんでした。

恥ずかしがり屋のハルカは、カメラの方を向けずに泣き出してしまいました。

私の駐妻時代大変でした③

香港にて、3歳の頃。
チンプンカンプンの幼稚園で英語漬けの日々でしたが、

それでも、日本から遊びに来てくれたお友達に
アパートの敷地内を得意そうにご案内。

本当に嬉しそうな娘を見て、

小さいながらに、ここで生きていく覚悟を持ったんだなぁ〜〜と
いじらしい姿に涙する私でした。

 

私の駐妻時代大変でした③

香港インターナショナルスクールの幼稚園。

英語の宿題だけでも日々大変なのに、

日本語もやらなくちゃと公文に通わせたころ。

幼稚園では、北京語のクラスも始まって、

先生は怖いし、宿題は出るわで青息吐息。

そんな中、お呼ばれするバースデーパーティは、まるで結婚式のようでした。

私の駐妻時代大変でした③   私の駐妻時代大変でした③

小学1年生でNYに。
本格的なアメリカのハロウィーンに驚きました。
ライカントリーデイスクールという私立校に編入。

学校では、フランス語が加わり、
さらにスペイン語、ラテン語と・・・
今思えば、「外国語を体験するだけ」と捉えたら良かったのですが、

真面目にやらなくっちゃ・・・と頑張り必死でした。

そんな中、帰国準備のために塾にも通い始め、

苦難の道はますます険しくなっていきます。

 

私は私で、

学校のボランティアや日本人の奥様とのお食事会。
美味しいものを食べて楽しいじゃないか、と言えばそうなのですが、

どこか緊張していました。

今思うと、本当によくやったなぁ〜〜

 

 

特に海外に住んでいる間は、

「第一言語」を決定し、
どこで、何を、どのように習得させるか
道しるべを作っていくのが親の大切な役目とも言えます。

一旦決めてしまえば、ぶれずに済むとは言え、

まだその頃の私は、コーチングとも出会っていなかったし、
<優位感覚>も知らず、

ただただ、我が子がお友達に遅れを取らないようにと必死でした。

そんな海外で子育てしているママさん、
予備軍のママさん、
教育現場の皆さんのヒントになる情報をお話しできると思います。