53歳のお誕生日のお祝い〜最終回

53歳のお誕生日のお祝い〜最終回 ブログ

 

11月19日のお祝いは、前祝いから始まって、盛りだくさん!

ついに私たちの大好きなオペラ「ボエーム」で最終回を迎えました。

ちょうどサンクスギビングの4連休と重なって、家族そろって豊かな時間を過ごすことが出来ました。

 

この日は、路上で生の樅の木を購入。

2m50cmの樅の木は、スタイルが良く、毎日お水を沢山吸収し、リビングの空気をフレッシュにしてくれています。

私達が買い集めたクリスマスの飾りは、残念ながら日本の倉庫の中・・・

そこで、新しく銀色のイメージで飾ってみました。

これから1カ月間、どうぞよろしくね!

 

オペラの始まる前に、リンカンセンターの前の小さなブラッセリー?お惣菜屋さんで夫と待ち合わせて、牡蠣でもつまもうかということになりました。

少し早く到着してみたら、ブロードウェィ周辺はなんだか楽しげなお祭り騒ぎ。

路上では大道芸人やバンドが現れ、とっても賑やかで、ワクワク!

通りにはレストランの出している小さな屋台がずらっと並び、なんと3〜4ドルで手軽な一品が買える様。

高級レストランもおしゃれなサンドウィッチやムースなどを出品しています。

赤ちゃん連れの若いファミリーや大学生カップルも楽しそうに色々なお店をはしごしていて、笑顔でいっぱいです。

将来のお客さまにつながる普段贅沢ができない人達に、小さなお料理で楽しんでもらおうという粋な企画を実現させるNYって、センスあるな~とため息が出ます。

楽しくておいしい出会いとその感動は、その人の記憶に刻み込まれますものね!

 

いよいよオペラ開始の時間が来ました。

夫はいつのまにかタイを替えていて、(私が気がつかなかったので)「ほらね!」と見せてくれました。

「ファルファルさんみたいだね!」

「うん!今回は結ぶのも難しくなかったよ〜」 (ロンドンの郊外のオペラに参上した時は、タキシード&蝶ネクタイの着付け?に汗だくになった夫です)

ファルファルさんは、演奏会の時には蝶ネクタイをサラリと身に付け、いつもかっこいいのです。

私は真知子さんデザインのオペラコートを着て行きました。

こんなささやかなゆとりが人生を豊かにしてくれるんだな~と思います。

 

ボエームは何度も見ていますが、この日の夜は今までの中でも1番感動したかも・・

期待を超えた驚きや感動、ハートがはずむ瞬間を求めて、私たちは演奏会や美術館へ行くのだと思いました。