Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート レポート

昨日の午餐を終えて、一日たった今、

世界でたった一つ、一日だけの倉澤シェフのレストランを

青木山荘で開けたことに

感謝と言葉にならないほどの満たされた思いでいっぱいです。

 

メニューを考え、

材料を吟味して、

準備して、

慣れない人の家のキッチンで作って、

サーブするその一連の流れは、

きっと彼らと出会った瞬間に決まっていたんだろうな。

きっかけは、愛ちゃんの開いたもんじゃ焼きのパーティでした。

 

今は、教育の仕事と出張料理をしているという倉澤さんが、
自己紹介の時に、「実は、シェフをやっていた時に、本当に作りたいものを作る機会がなかった・・」

というようなことを言ったんです。

ならば!
「ねえ、青木山荘で自分が作りたいものを思いっきり作ってみない?」と声をかけた私。

まじっすか、本当にいいんですか?

もちろん!みんなを集めて、倉澤シェフが本当につくりたかったものを食べよう。
みんなのためにも美味しいものを作ってちょうだい。

声をかけちゃったものの、私自身、本番まで彼の作ったものを食べるチャンスはなかったけれど、
fbの投稿をチエックして、

彼の作ったお料理の写真を見て、

「これは間違いない」・・と確信を持っての開催でした。

しかも、今回は、みっこさんという強力な助っ人もいる。

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

みっこさんと倉澤シェフ。

 

当日,

当日の朝、彼らは金色に輝く巨大スーツケースに食材を詰め込んで到着。
着々と準備を進めていきます。

 

いったい何を作るのかどういう流れになるのか、

私も知らず、キョロキョロワクワクしながら見守ります。

だって、みっこさんの書いたご案内文が、これですもん。

〜〜〜

『Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後』

2018年始まりの月に、ひっそりと限定オープン致します。

1月28日(日)午後、北鎌倉の山荘にて
フレンチシェフのフルコースを楽しみながら
「味わいのデザイン」を楽しみませんか?

ただ食べて、飲んで、騒ぐだけの会ではなく。
作られたレシピを覚えるだけのお料理教室でもなく。


北鎌倉の静かな山荘では
遊びに来てくださるみなさんに
お料理・お飲物と一緒に、【視点】をお出しします。

一人の料理人が、

食材とどのように出会い
なにを思いながら料理し
どんな感覚で味わうのか?

その【視点】を参考に、

味わいをデザインし、共有し合う
この日限りの特別な3時間。

今回みなさんにお出しする【視点】は
【三位一体】です。

Le Goût de la Trinité
三位一体の味。

そこから一体、どんな味わいが生まれるの?
それは、28日までのお楽しみ。

ですが、みなさんにお約束できることは

自宅での毎日のお料理が
ミシュランレストランでのディナーが

奥行きと広がりを持って
輝きを増すようになっていきます。

誰かがデザインしたものではない
あなたが生みだす味わいの世界に
ぜひ出会ってみてください。

そして、新しい味わい方に出会ったあとには
参加されるみなさんとの出会いのひとときを

心ゆくまで、ご堪能くださいね。

シェフ、スタッフ一同
心よりお待ちしております。

 

◎シェフプロフィール
倉澤朋行
認識デザイナー・コーチ
日本人のルーツを探る「縄文会議」代表

視点を変えることで世界を変える。教育を通じて、その感動と美しさを共有できる社会の創造を目指す。

ブライダル、イタリアン、フレンチのシェフとして料理の腕を磨くと同時に、「世界と人間の根源とはなにか」を問い続け、歴史学、哲学、宗教学など、様々な角度から探求

人間の観点にアプローチする「認識技術」との出会いを経て、現在は主に「認識=視点のデザイン」を軸としたカウンセリング、コーチングを行う。

オーダーメイドでのパーティーや食事会もプロデュースし、歴史ツアーなども主催している。

 

〜〜〜

お料理に、三位一体・・???

でもね。それがシェフの解説とともに、解き明かされていくんです!

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

美しいオードブルの最初は、イチゴ、洋ナシ、ブルーチーズの白和え。

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

そして、サバのサラダ;じゃがいも、ゆず。

エビとカリフラワーのタルタルカレー風味・ココナッツマヨネーズ。
柿と春菊のサラダ・カカオニブ。

 

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

牛のカルパッチョ。
トリフオイルをかけるスプーンにも魂を込めます。

今日のお客様は超ラッキー!

だって、見てください!

美味しく心のこもったお料理をいただくと???

ふふふ。

こんなに活き活きと輝く笑顔になれる・・・
これは、内側から自然に湧き出るエネルギー。
まさに、倉澤マジックです。

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

そして、お腹も落ち着き、いい感じにリラックスしてきたところで、

ゲストのお二人から、素敵なピアノと歌のサプライズ。
音楽とお料理、イタリアやフランスのお話も交えて、本格的な演奏です。

川真田美保乃さん、

登川直穂子さん、

ありがとう〜〜

素晴らしすぎるスゴイ展開に、

『ドレスコード白』のゲストのみなさんが、
身も心も染まっていく・・・
どんどん華やいでいく姿が、素敵すぎます。

今度は、ミュージックマジック!

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

さあ、飲んで、飲んで〜〜!
今日はシェフが選んだ美味しいワインがたっぷりありますよ〜

 

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

こちらはパテ。
パンは、先日のパーティでの働きが良かったので
あだ名も『マロッチ』から『マロさん』に格上げした夫マロさん。
朝焼きたてのバゲットを5本も買って来てくれました。
今日は、ワインサーブ係を担当です。
大好きなお役を得て、大サービス!

 

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

旨い・・・旨すぎる・・・絶句。

さあ、まだまだあるよ〜〜

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

なんて美しいのでしょう・・・

タイのポワレくるみのソース。

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

これが作りたかったという念願のシュークリート
大きなお肉がぷりっぷり。

〜〜〜
シェフより送られて来たメッセージ

その昔、ドイツやフランス北部では冬に作物がとれませんでした。

そのため農民たちは冬が来る前に、豚を一頭おろしてハムにしたりベーコンにしたり、血を一滴も無駄にすることなく加工して蓄えとしたようです。

肉といえば贅沢なように思いますが、彼らにとっては必要不可欠な栄養源であり命を繋ぐ糧でした。

そんな時代に思いを馳せて、今から塩漬け豚肉を作ります。フランス語では「プティ・サレ」と言います。

鹿児島県産・黒豚の肩ロースに、塩と砂糖をあえて、ゆっくり染み渡るように揉んでいきます。

塊の肉に触る機会はなかなかないと思いますが、こうやって触れていると豚さんの温もりやそれを糧に生きてきた人間の思いが伝わって来るようで不思議です。

あとは1週間ほど寝かせます。

楽しみにしていてくださいね。

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

そして、最後のお皿は、パスタ!

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

茸と鴨のタリアテッレ セージの香り

〜〜〜
シェフより送られて来たメッセージ、パスタ編

五感の中でも特に匂いは記憶と深く結びついているそうですね。


新潟県産の黒舞茸を仕入れたので日向で干しています。部屋いっぱいに茸の香りが漂って、まるで森の中にいるような。いつかどこかの思い出、もう形はわからないけれど、懐かしい気持ちが急いた心をやさしくしてくれます。


遠い日の、誰にでもあるあの日々の記憶。過去をふり返ることも未来に不安することもなく、ただその時だけがあって、体が喜びを心が永遠を知っていた光の時代。そんな思い出や気持ちをパスタにしようと思います。

パスタのおかわりも作ってもらって、みんなのお腹はパンパン!

でも、さらに素敵だったのが、最後のデザートなんです。

 

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート  Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

ガトーショコラ 柿のコンポートと、
かぼちゃとりんごのパイヨーグルトのムース、塩キャラメルソース、ナッツ

いやぁ〜〜
全部一人で21人分のフルコースを作ってくれたシェフ、心から尊敬します。
作りたかったお料理の夢が叶って、
みなさんをこんなに喜ばせることができて、
マリア様も微笑んでおられることでしょう。

これも、きっかけを作ってくれた愛ちゃんのおかげだね。
ありがとう!

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

山本有吾さん、戸田望さん
お手伝い、写真撮影、お片づけなどのサポート、ありがとう〜〜

Le Goût de la Trinité 味わいをデザインする北鎌倉の午後のレポート

今思い返しても、昨日のことは、夢だったんじゃないかと思ってしまうほど。
なんだか宮沢賢治の世界に迷い込んだような、
明月谷の不思議な一日。

この感動、しばらく味わっていたいです。