コーチングセッションの録音(テーマを変える、メタファー)

コーチングセッションの録音(テーマを変える、メタファー)  ニュース

じっくりと、そして軽やかに! 半田市 森本真紀子さん(ピアノ教師・コーチ

コーチはクライアントさんの言葉を聞き逃しません。

メモを取らないコーチもいますが、
私の場合、クライアントさんの言葉を正確に把握し、
使うため、キーワードをメモする派。

今回のセッションの冒頭でも
「達成感を感じるためにできること」をテーマにしていた真紀子さん。
使っていた言葉が、「達成感」から「自信」に変わりました。

そこで、確認。

得たいことは『自信』に変更。
そこにフォーカスすることにしました。

このように、
話したいことや手に入れたいことを変えても、
コーチはしっかりとついていきますから、
クライアントは、安心して変更してもいいのです。

聞き逃さないためには、
深く聞く。

・・・といっても、言葉だけを聞くのではありません。

その言葉の裏にあるものや、
心の底に眠っている本音。

つまり、
まだ自分でも気がつかないような潜在意識にアクセスするために、
注意深く声の調子に耳を傾け、
語尾や口癖にも注目し、
尚且つ、俯瞰して全体も聞くようにしているんですよ〜

皆さんも、
ちょっと心がけてみると、
大切な人の本音に気がつくかも❤️



さて、この8分の後半でもう一つ使ったスキルはアファメーションです。

カレーのお話が出てきたでしょう?

アファメーションというのは、
わかりやすくイメージしやすくするために、
何か他のものに例えること。

そうそう、
敦子さんの録音でも「魔法の絨毯」を出しましたよね!

これがアファメーションです。


私は元ピアノ教師で、
レッスンで頻繁にアファメーションを使ってきましたから、
得意なんです。


録音はここまでとしましたが、
残りの時間では、
コーチングの効果的な質問を意識して、
「今」を超える行動に向かって、
セッションをデザインをしていきました。



真紀子さんの場合、
スタート時の<漠然としていた状態>から、
60分で、恐れていたことが掘り起こされてスッキリ。
次回のセッションまでにやることとして、
3つの行動が決まりました。

プラス私から宿題も出しましたよ〜〜



結果が出るのは、
こうした連続したセッションで培われた力があるからこそ。

私は小学生のクライアントさんから
起業家や会社経営者まで、

現在33名のクライアントさんの伴走をしています。

どの方も、
ご自分の才能を生かしてチャレンジし、
人生を豊かに生きている。

生きているって楽しい!
私にも出来た!

そんな喜びを一緒に味わえるよう、
コーチしながらゴールまで走ることが
楽しくてならない私です。

ついに2019年には、
セッション時間の合計が6000時間を超えます。

健康に気をつけて、
丁寧に過ごすこと。
学びを継続することがコーチとしての私のミッションです。




2019年スタートの個人セッションのクライアントさん、
途中参加となりますが、11月スタートのりえずむ塾ベーシックコースご希望の方、若干名募集いたします。



◎ りえずむ体験セッションのお申し込みは、こちらからどうぞ。
◎ りえずむ塾、無料体験できます。
  1月9日または、23日。21:15〜22:45まで
◎ クライアントさんのお声もこちらにあります。

コーチングセッションの録音(テーマを変える、メタファー)
一人では立ち止まってしまう時も、
経験を積んだコーチと一緒の旅なら、先に進める。
苦しくても勇気付けてもらってゴールまでたどり着ける。
私も2003年からず〜〜っとコーチをつけています。
多分一生ね・・・✨