長崎コーチのセミナー報告 ハタ楽器

ヤマハ横浜のセミナー参加がきっかけで、認定コーチの資格も取得。
共育コーチング研究会のメンバーとなって、セミナー講師のトレーニングにも励んでいる長崎コーチに、
ハタ楽器でのセミナーをお願いしました。

ほっかほかのセミナー報告をおとどけします。

私の最大の武器  『笑顔』でセミナーを開始。
前回の『聴く』の復習をかねた、
『ペーシングしながら話を聞こう』 というワークから始まり、
『承認するって何?』
『褒め言葉を投げかけながら話を聞こう』
『リフレーミングしてみよう』
『過去の自分・現在の自分に承認の言葉をかけよう』
5つのワークで、楽しくコーチングを学んでいただきました。
触覚系の私は、『説明するより体験!』 がモットーです。
参加者のの皆さんは、私が想像していたよりもずっと、真剣に積極的に取り組んで下さいました。

『承認するって何?』のワークで、『承認』という言葉から連想することを出し合ったのですが、
『拍手』という言葉が上がったのには、『さすが、ピアノの先生!』と感心しました。

『リフレーミングしてみよう』のワークでは、先月、保科コーチが参加者から集めた、
『今レッスンで困っていること』のメモから、リフレーミングの材料を取り出しました。
個性ある生徒さんの扱いに困っている先生にとって、少しでもお役に立てれば…という気持ちで。

セミナーの初めから終わりまで、参加者の反応は、とても良かったように感じました。
始まってすぐに、みなさんの笑い声も聞こえてきて、とてもやりやすかったです。

※木下コーチ、応援ありがとうございました。

 木下コーチの体験談、 『さすが!木下コーチ!』と帰宅してからうなりました。

終了後の今の私の感想は…
『やっぱり承認って素晴らしい!』 です。

長崎正子