ICFのマスターコーチってどんなことをやっているの?青木理恵の10分間コーチング⑪

ICFのマスターコーチってどんなことをやっているの?青木理恵の10分間コーチング⑪  ニュース

限定公開

敦子さんより

理恵さん、今日は、デモセッション有難うございました!

すべて「質問」の形でのコーチングに、ドギマギしましたが、

「生徒さんの自主性・自発性を育てていきたい。そのためのリーダーシップとは?」がテーマの私には、

まず自分自身も考えることが不可欠なので、自分で答えを出せたことに、達成感すら感じました。

理恵さんからの問いかけは、まさに肝で、突破口が見つかって嬉しいです。

う〜んと唸っていた箇所を、これからもっと深堀りしていきたいです。

たった10数分の間に、理恵さんからのフィードバックで大事なことに気づけた、

理恵さんの観察力、質問力は、さすがMCCなのですね。

コーチングの世界に足を踏み入れたばかりの私ですが、これからもコーチングで伸び伸びと変化していきたいです。 有難うございました!

 

・・・・・

生徒の自主性って、多くのピアノの先生のお悩みの代表格!
セッションで取り扱うことも多いですね。

コーチングでは、まずは自分。自己責任ですから、
自主性のない生徒のことを心配する前に、
指導者としての自分のあり方や、考え方、言動の中に、何か生徒の自主性を阻むものがないか見ていきます。
敦子さんもきちんと向き合ってくださいました。
最後は、答えが見つかって、
カチッとパズルをはめることができましたね!

2年後の活気ある教室の様子が目に見えるほどです。

いやぁ〜〜
これからが楽しみです!